寒さが増すほどに空気が乾燥し、今年も顔が粉をふく季節になってきました・・ 手も、いったんかさかさすると何か手立てをしないと治りません。

pb dog-316598_640
今も使っている美容ソルトの洗顔を使うと、自然な感じで皮脂の膜ができてかさつきはおさまるのですが、頻繁に洗顔するわけにもいかないですし、顔や手だけでなく全身にも使えるオイルがあったらどうかな?と思うようになりました。

元々オイルが肌にぺったり付く感触は好きではないのですが、つけてもさらっとした感じになる品質の良いオイルはないかな~と探してみました。もちろんオーガニックで。

そして一つのオイルにたどり着いたのですが・・をれを通じて、自分で思ってもみなかった変化がありました!


1.どのオイルがいい??

ホホバオイル、オリーブオイル、椿油、ココナッツオイル、など思いつきましたが・・元々、ただでさえ顔に何かつけると違和感があるわたし。オイルのぺたっとした感じは耐えられそうにありません。つけた後、さらっとした仕上がりになるオイルってないのだろうか?
pb oilbottles-1433611_640
いろいろ調べてみたら、アルガンオイルが良さそうでした。ちょっと驚いたことは、美容オイルというものは普通は化粧水をつけたあとにつけますが、アルガンオイルは化粧水の前につけるのですね。しかもこれでかえって化粧水の浸透がよくなるのだそうです。

顔だけでなく髪を含め全身にも使えるし、純粋なアルガンオイルの製品は香料などもちろん不使用なので、夫も一緒に使えそう。使っている方の感想などを見ても、おしなべて評価がとても良いので、アルガンオイルについて調べてみました。


2.アルガンオイルとは

アルガンオイルは、アルガンツリーの実からとれるオイル。アルガンツリーはモロッコの固有植物です。古くからモロッコに住むベルベル人の間で食用や美容などに用いられていました。一時は環境破壊により樹木が減った時代もありましたが、アルガンオイルがモロッコの産業として確立していくにつれてアルガンツリーは守られ植樹され、数が増えています。モロッコ政府主導でアルガンオイルの生産量を増やす計画もあるようです。
pb アルガンの木morocco-827830_640
 上・アルガンツリー。低い木で、枝が横に広がる特徴があります。

アルガンツリーの実はヤギが好むらしく、樹木に登って食べるそうです。ヤギって木に登るんですね! 

すごいたくさん↓登ってる・・
pp argantree 9124156847_6542f7d1d9_b
photo credit: www.twin-loc.fr http://www.hacienda-la-colora.com Essaouira - Chèvres dans les arganiers - Maroc / Goats in Argan - Morocco - Photo Image Photography - Huile d'Argan Argan oil www.supercar-roadtrip.fr via photopin (license)


アルガンツリーの実を乾燥させてから果肉を取って種の殻を割り、中の核の部分を搾ってオイルをとります。核を取り出す作業は繊細さが必要で、手作業になります。

400個以上の核からやっと50mlぐらいのオイルがとれるそうなので、手間と採取量、さらに作業に従事する方々に適正な賃金が払われるようにと考えると、それなりの価格になるのも理解できる気がします。
pb argan-869756_640
 上・アルガンツリーの実。熟してから集められます。

そんなアルガンオイルには、オリーブオイルの2~3倍のビタミンEが含まれ、オレイン酸リノール酸ステロールなども豊富で肌をやわらかくします。オイルなのにつけた後、浸透してさらっとした感じになるというのもとても魅力。

オーガニック・アルガンオイルはいくつかのメーカーが扱っていますが、その中で目にとまったのがフランスのCODINA(コディナ)のアルガンオイルでした。コディナの製品は、オーガニックコスメでは世界で20数社ほどしか取得していないというナチュール・エ・プログレ認証を受けています。
DSC09693
100%未精製アルガンオイル【CODINA】


3.ナチュール・エ・プログレについて

ナチュール・エ・プログレ
(Nature et progrès)は1964年にフランスで始まった、ヨーロッパ全体でも最も歴史ある有機農業団体の一つです。農家だけでなく加工業者・販売業者・流通業者・代理店・消費者など、幅広いメンバーで地域グループを作って活動しています。ナチュール・エ・プログレのホームページ内の、理念や活動に関する部分を読んでみました。
pb butterfly-1150494_640
フランス語のサイトなので、翻訳サイトを利用して内容の理解に努めました。

しかしこれによって、自分の中で思ってもいなかった変化があったのです。


ナチュール・エ・プログレは単なるオーガニック認証機関ではありません。 掲げている理念は「わたしたちの健康と地球の健康のために(Pour notre santé et celle de la terre)」。つまり人と地球の健康を重視した農業や流通を推進・実践しています。
pb hands-1247112_640
そのためにはオーガニックであることが必然的となるのですが、ナチュール・エ・プログレの考えはそれだけにとどまりません。

たとえば化粧品についての仕様書は20ページ以上あり、その中から一部をかいつまんでみると、

・遺伝子組換(GMO)による原材料は使用禁止
・動物実験の禁止
・動物性原料は使用禁止(条件付きでごく数種類は使用可能)


自然環境を壊さないことも重視されています。

・製造中のエネルギー消費をできるだけ節約する、再生可能エネルギーを使う
・製造によって出た排水は、前処理をするなどして環境への影響を最小限に抑える
・製品のパッケージは微生物などによって分解可能なものやリサイクル可能なものを使う


製造メーカーの企業としてのあり方もチェックの対象になります。たとえば、

・ナチュール・エ・プログレ認証を申請した動機
・遺伝子、農薬、武器、原子力産業などの資本背景がないか


・・このように一般的なオーガニック認証機関ではとりあげられないような条件がたくさんあります。ナチュール・エ・プログレがメーカーに抜き打ち検査を行うこともあらかじめ決められています。この認証審査が厳しいと言われるのは当然ですね。

こうして、理念に沿って細かく調査・検討した上で認められたものだけが認証されるのです。



人と地球の健康のために必要なことを実行し、それを損なうことは行わない。オーガニックを選ぶ本来の理由は、原点は、そういうことなのですよね。

自分の安全、自分の健康、と小さなフレームの中ばかり見ていたわたしは、ぱっとその枠を取り払われ、ぐっと視野を広げられたたように感じました。

今回、コディナのアルガンオイルをきっかけにナチュール・エ・プログレについて知ることができて本当によかったです。


そんなこともあって、わたしはナチュール・エ・プログレが認めたコディナのものを選びたいと思いました。
DSC09691
コディナ アルガンオイル


4.コディナのオーガニック・アルガンオイル使用感想


評判がとても良いアルガンオイルですが、本当に自分に合うのか? いきなり100mlのボトルを買う勇気がなくて、まずは10mlのプティを買ってみました。届いたオイルは黄金色に輝いていて美しい。この色は未精製の証しです。

DSC09695

10mlってどれくらい? イメージしづらかったのですが、手のひらに載せるとこんなくらいです。あ、そういえばアロマオイルのボトルもこれくらいの大きさですね。
DSC09699
ちょっとピンボケになりましたが、下の写真はペンと比べてみたもの。
DSC09697
さて、かさかさの手と顔にこのアルガンオイルを使ってみました。

プティのボトルは、開けるとこのようになっています。
DSC00024
100mlのボトルはプッシュ式になっているので問題ないと思いますが、プティはここから1滴ずつきれいに出すのはちょっと難しかったです。

成分は「アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)」のみ。コディナのものは未精製なのでアルガンの実らしき香りもはっきりします。最初にこの独特の「木の実」という感じの香りがしますが、手や顔にのばして広げていくと気にならなくなります。
DSC09694
オイルを手のひらにとって、両手を合わせて少し温めてから顔につけます。うーん、一般的な「油」とは全く違います。すぐに浸透していく感じだし、べたつきもありません。顔をマッサージするようにして全体に薄くのばしていけます。

顔にのばしつつ、手の甲や指先にもまんべんなくのばしていきました。わたしは1回に4滴くらい手にとって、それで顔と手指全体につけることができました。

しばらくマッサージしていると、顔の肌がもちもちに! 

以前ご紹介した美容ソルト洗顔を使った時も似たような感じでした。夜に洗顔で毛穴の汚れをきれいにすると、朝になると自分の皮脂が分泌されていて肌がベールに包まれたような、触っていて気持ちいいあの手触り。

それよりもさらに少し、アルガンオイルをつけた時の方がもちっとしています。しかもつけて少し経っただけでこの感触。

夜につけて寝ましたが、朝も顔をさわるとなめらかな感触でした。

手の甲は、元のかさつきがひどかったせいかまだなめらかではありませんでしたが、指先(爪の周りなど)のささくれなどは落ち着いていました。

手に関しては、今後コディナのアルガンクリームを試してみたいと思います。

コディナ フェイシャルアルガンクリーム


アルガンオイルは、髪や頭皮につけても良いようです。コディナのサイトでは、唇のケアにも、とあり、本当に全身に使えるのですね。


コディナ アルガンオイル100ml



10mlの「プティ」は100mlサイズに比べると割高にはなりますが、人によっては独特の香りが苦手という方、またごくまれに肌に合わない方もあると思いますので、わたしのようにアルガンオイルが初めての場合はまずプティでお試しされるといいと思います。それで今後も使い続けたいとなったら100mlを買って、プティのボトルの方は携帯用に使えます。

100mlサイズはほかのオーガニック・アルガンオイルと比べて値段がお手頃ですし、何よりわたしはナチュール・エ・プログレが認めたものを選ぶことで、小さい小さい力だけど人と地球が健康になる方を選べていると思うと、これが広がって、積み重なっていって欲しいなと思うのです。






★コディナジャパンの告知によると、ナチュール・エ・プログレは2017年より、認証ラベルを与える対象を加工品のみとしました。アルガンオイルは原材料そのもので加工をしていないことから今後ラベル付与の対象からはずれますが、コディナのアルガンオイルはこれまで認証ラベルを付与されていましたし、コディナの加工製品は全てナチュール・エ・プログレ認証を受けています。その原材料にもなっているアルガンオイルは「ナチュール・エ・プログレが認めたもの」であると認識した上で記事を書いております。



[ 参考サイト ]

Nature et progrès」(ナチュール・エ・プログレのHP)

ナチュール・エ・プログレ認定化粧品についての仕様(PDF)

ナチュール・エ・プログレ(フランス語版ウィキペディア)

※上記のサイトはすべてフランス語です。わたしは翻訳サイトを利用して内容を読みましたが、翻訳サイトではフランス語→日本語に直接翻訳すると??な日本語になるので、以下のようにしました。

1.フランス語→英語にまず翻訳
2.翻訳した英語をさらに日本語に翻訳
3.日本語文で意味が不明な部分は英語と見比べる



 このブログを書いている人
Hinoki(ひのき)

関西在住アラフィフ主婦。夫と二人暮らし。
結婚後に食に関してオーガニック、無添加の
ものを取り入れることを始め、無理なくつづける
ことをコンセプトにブログを書いています。
カフェ巡りと食べることが好き。
好きな旅行先は高知県、好きな野菜はトマト。
めんどくさがりなので、いかに楽にすませるかを
オーガニック生活についても考えていたりします。
og-file用sサイズ確定









にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ



ナチュラルライフ ブログランキングへ