辻安全食品というアレルギー対応食品の会社を知ったのは、旅先のスーパーにて。そのスーパーには「良い品コーナー」というのがあり、そこで「キャロブサクサクチョコレート」というのを見つけたのです。それは乳製品不使用のチョコレートでした。
DSC09531
ちょうどその頃キャロブについて知ったところだったので、珍しい商品だと思いそのチョコを買って帰りました。キャロブとは、地中海付近や中近東で栽培される「イナゴマメ」という豆のこと。
pb carob-7328_640
それを乾燥して粉末にしたものです。日本でキャロブの商品を探せば、キャロブパウダーとそれを使った製品が見つかります。


■取り入れやすいキャロブ製品2つ

辻安全食品のキャロブチョコを食べる前に、キャロブパウダーをココア代わりに飲んでみたことと、キャロブチップス(焼き菓子などに使うチョコチップの代わりになる)をそのまま食べてみたことがあります。


・オーガニック・キャロブパウダー
300gなので、やや多めです。お菓子やパン作りなどにも。ペット用の自家製クッキーに使う方もいらっしゃいます。



楽天ではこちら>>オーガニック・キャロブパウダー



200g入りのオーガニック・キャロブパウダーもあります。



楽天ではこちら>>オーガニック・キャロブパウダー200g



もっと少ない量から試したい方は、オーガニックではありませんが辻安全食品のキャロブパウダー80g入りを。


キャロブパウダー 80g【楽天24】[辻アレルギー食品研究所 キャロブ]




・キャロブ・チップス
アリサンというメーカーのものです。下の画像は100g入り。この商品は製造ラインで乳製品の取り扱いがあるので、乳製品アレルギーの方はご注意下さい。



楽天ではこちら>>キャロブチップス100g



■キャロブを試した方の感想は?

キャロブの味についてネットで口コミを見てみると、以下のような感じでした。
pb carob-pods-73764_640

・ココアに似ている
・チョコレートに似ている
・甘味がある
・ココアとは違うが好きな味
・パウダー自体の香りは独特だが、お菓子やパンに使うとココアっぽくなる
・牛乳と混ぜて飲むとおいしい(ミロの味に似ている)
・独特のくせがある


オーガニック・キャロブパウダーについては、味や風味が好きだという感想が多いですね。子どもさんも、パンやお菓子に混ぜて焼いたら喜んで食べるそうです。

反面、独特のくせ・味がだめ、という意見も少数ながら見受けられました。
DSC09533
わたしの感想は・・

キャロブパウダー
溶かすとココアのような見た目にはなりますが、味はココアとは別ものです。チョコにも似ていないとわたしは感じました。独特の酸味がちょっとあります。わたしの友だちはこれを気に入って、ミルクを入れてホットドリンクにしてよく飲んでいました。わたしの好みからは、毎日飲みたい!というほどではなかったです。

キャロブチップス
そのまま食べると「チョコとは違う・・(当たり前。)」とちょっとがっかりしましたが、お菓子作りをされる方の口コミなど見ると、焼き菓子に使うとよりココア風・チョコ風の雰囲気が出るようです。ローストしたような香ばしさもあります。

なお、どちらも甘味は印象に残っていませんので、強い甘味ではないです。


■辻安全食品のキャロブサクサクチョコレート

DSC09532
キャロブについてのわたしのイメージはそんな感じでした。「キャロブサクサクチョコレート」も、ま~チョコという名だけどキャロブっぽいだろうな、このメーカーはどんな味に作っているのかな?という軽い興味で試しに買ってみたものでした。


しかし食べてみると。


これ、本当にチョコレートみたい!!
DSC09539
チョコレートが口の中でとろっとする感触とは違い、商品名通りのさくっとした食感ですが、それがまたいい。このチョコみたいな風味は何?と原材料を何度も見返しては、カカオ油脂(カカオバター)が鍵なのだろうか・・と想像しています。ともかく、キャロブパウダーやアリサンのキャロブチップスにはカカオバターは入っていないので、その違いはきっとあると思います。
DSC09537
  上・裏側はこんな感じ。

というわけでそれ以来、唯一リピートしているキャロブ製品です。

甘さも十分あるのですが、キャロブ特有の酸味・苦み・香ばしさなどが少し影響しているのか、甘いのにビターチョコのような感じがします。さくっとした食感で口の中でべたつかないので後を引かず、少量で満足できます。

そして原材料トップに「カカオ油脂」がきているのも、おすすめできる理由の一つ。カカオ油脂はカカオバターのことで、安価なチョコレートにはカカオバターでなく「植物性油脂」という原材料が使われています。これはカカオバターよりも原材料費が安くでき、かつカカオバターより溶けにくいこともあって使われます。
DSC09326
以前「ナチュラル・チョコレートの旬は冬?」という記事を書きましたが、カカオバターのみを使ったチョコレートは真夏の暑さでは溶けてしまうのが普通なのです。

流通を考えるとカカオバターのほうがメーカーにとっては手間がかかりコストも高いですが、あえてカカオ油脂のみを使うところに本来のチョコレートに近づけようとする思いを感じます。


■辻安全食品とその他の商品

辻安全食品株式会社は、2016年で創業37周年。無添加食品や農薬不使用の野菜の販売から始まり、アレルギー対応食品をメインに製造するようになりました。

今では航空会社のJALやANAのアレルギー対応の機内食や病院でのアレルギー対応食、そして食べものだけでなく衣食住トータルでアレルギー対策をしていく事業も始めています。東日本大震災の時には被災地にアレルギー対応食品を提供するなど、一見目立たないけれども切実な必要に応える働きをされている会社です。

今の時期はアレルゲン27品目不使用のホールケーキと特性クリームのセットを販売中。これでご自宅でデコレーションしてクリスマスケーキを完成させることができます。(デコレーション素材はついていません)

辻安全食品 冷凍ホールケーキキット


辻安全食品が扱う商品の中でわたしがいつか食べてみたいと思っているのが乳製品不使用のチーズ。そんなのがあるんですね。現在、ソイチーズ(大豆使用)が2種販売されています。名前が「シーズ」で、まぎらわしいような言いにくいような・・ 

先日、キャロブサクサクチョコレートを見つけたスーパーで辻安全食品のレトルトカレーを買ってきました。「うまカレー」って、ダジャレ?って思ったら、馬のお肉のカレーなのでした・・そのまんま。どんな味か楽しみです!
DSC09318
 リスは辻安全食品のキャラクターです。
キャロブチョコ
キャロブチョコをスマホに載せてみました。大きさはこれくらいです。

これからケーキやチョコレートを食べる機会も増える時期。キャロブは鉄分・カルシウム・食物繊維・ビタミンなどが豊富。そして低コレステロールノンカフェインです。妊娠中・授乳中の方でもココアなどの代替として楽しめます。わたしはベジタリアンの友だちに手土産としてキャロブサクサクチョコレートを持って行くことがあります。乳製品アレルギーの方もそうでない方も一緒においしくいただけるチョコとしておすすめです。



楽天ではこちら>>キャロブサクサクチョコレート



 このブログを書いている人
Hinoki(ひのき)

関西在住アラフィフ主婦。夫と二人暮らし。
結婚後に食に関してオーガニック、無添加の
ものを取り入れることを始め、無理なくつづける
ことをコンセプトにブログを書いています。
カフェ巡りと食べることが好き。
好きな旅行先は高知県、好きな野菜はトマト。
めんどくさがりなので、いかに楽にすませるかを
オーガニック生活についても考えていたりします。
og-file用sサイズ確定









にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ



ナチュラルライフ ブログランキングへ